黄色い歯を真っ白にしてみた!原因は様々!


歯を黄色くさせる事には必ず原因があります。専門書や情報サイトなどを調べると歯を黄色くする原因は着色を含む飲食等を食した回数が多いとばかり考えてしまう事と思いますが、実は歯を黄色くさせてしまう原因はそれだけではありません。

 

 

 

大きく黄色い歯になってしまう原因を分けると、以下5つの原因になります。

 

 

着色が強い飲食をする回数が多い事


特に着色率が高い飲食物は、
コーヒー
紅茶
ココア
赤ワイン
カレー
醤油
ケチャップ

 

などがあります。これらの飲食をした場合は必ず飲食後1時間以内にうがいを徹底しましょう。着色の強い飲食を食べた後にきちんとうがいをしてその着色が歯に付いている時間を短くするだけで黄色くなる事を防ぐ事が出来ます。

 

 

 

タバコを吸う回数が多い事


タバコのヤニが原因で歯が黄色くなります。厳密に言うとヤニの中にあるタンニンという成分が歯に着色をします。タバコも飲食と同様で吸った後にきちんと1時間以内にうがいをする事で黄色い歯になる事を防ぐ事が出来ます。

 

 

 

歯を磨きすぎている事


歯を磨きすぎて歯が黄色くなる事実は一般的には知られていません。なぜ歯を磨きすぎると、黄色くなるのかと言うと、歯の表面にはエナメル質があります。この下に象牙質と言われるものがありこの象牙質の色は大人になると黄ばんできます。この象牙質の黄ばみは通常上に施されているエナメル質により見えない状態にありますが、歯を磨きすぎる事でこのエナメル質を薄くしてしまうのです。
エナメル質が薄くなると、下の象牙質が透けて見える状態になり、歯が黄色く見えてくるのです。

 

 

 

研磨作用がある歯磨き剤を使っている場合


研磨作用がある歯磨き剤は今でも売られています。歯の消しゴムを評されて売られている場合もあります。また、重層を使って歯磨きをする人も重層には研磨作用がある為同等の症状が出ます。
なぜ研磨作用があると歯が黄色くなるのかと言うと、2つの要因があり

 

@:1つめはBで紹介したように研磨作用によりエナメル質が薄く削れてしまいます。当然その下の象牙質が透けて見えてくるので歯が黄色い状態に見えるようになります。

 

 

A:2つ目は研磨作用により、歯の表面を強く傷づけてしまう場合があります。その場合そこから細菌が入り、虫歯になりやすくなるだけじゃなくその部分が黄色に変わってきます。

 

 

研磨する商品は、使い始めすぐは歯が白くなったように感じる事があります。当然研磨されるのですから白くはなります。しかし、その後の歯の傷や状態悪化などを考えると使い続ける事はオススメ出来ません。

 

 

 

口内が渇く頻度が多い事


口内が渇くと口内自体が渇く事により歯が黄色くなる現象と口内が渇く事で歯が渇きそれが原因で歯が黄色くなる現象の2つが起こります。
まず、

 

@:1つ目は口内環境の乾燥化が長く続く事で口内の細菌が活性化します。この細菌の中に色素を付ける細菌がいてその細菌が繁殖する事で歯全体に色素沈着を起こし歯を黄色くさせます。

 

 

A:2つ目は口内環境が渇く事で歯が渇きます。歯が長く乾いた状態にあると歯に色が付きやすい状態になります。ここで@やAの飲食やたばこ等での色素沈着がより一層強く作用してすぐに歯が黄色くなってしまう現象が起きます。

 

 

このように口や歯が渇く人の多くは「口呼吸が日常茶飯事になっている人」「歯並びが悪く口をしっかり結んだ状態が長く続けない口の人」が多いようです。
この口内が渇きやすい状態を取り除くには、習慣の改善の他に、歯医者にて矯正系の施術が必要になります。

 

 

 

スポンサードサーチ

要チェック!黄色くなってしまった歯を白くする為の方法まとめ!


根本的に歯を白くしたいと言うのならセラミックとホワイトニングに効果がありますが、弱い黄ばみの場合には歯医者さんの歯のクリーニングアミノ酸エアーフローでも落とせる場合もあります。

 

 

しかし、クリーニングも定期的なクリーニングを試みないと白さは戻りませんし、アミノ酸エアーフローでは気休め程度にしかなりません。
歯を白くする方法で確実性のあるランキングは以下です。

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

歯医者さんのクリーニング


クリーニングとは歯についている着色を機械により塩水を吹き付けて落とす方法と科学的に落とす方法の2種類があります。(クリーニングは両方の施術で、PMTCが機械洗浄のみを指す事が多い)

 

歯医者さんに頼むと実施してくれますが、本当に黄ばんでいる歯には何度通っても効果は期待できません。
黄ばみ始めたかなって思ったくらいのレベルか、白い歯だけど今後黄色い歯になりたくないという人が予防として施術するのがベストな方法です。

 

 

セラミック施術方法(ラミネートベニア)


セラミック施術と言うと、虫歯の箇所を金属の詰め物ではなくて透明感がある歯のような自然の詰め物にする技術が一般的ですが、最近では歯全体を白くする方法がセラミックで出来るようになりました。

 

 

しかし、人気がない理由に、歯の表面をすべて薄く削ります。この歯の表面を削る事が必要なので、その後、セラミックを辞めたくてもすでに削ってしまっている状態になり元に戻れないという状態になるからです。

 

 

 

その薄く削った場所にセラミックを付けていくという方法が医学用語で「ラミネートベニア方法」と言われています。

 

 

保険外項目の審美歯科内容なので、全額自己負担の費用になり大きな費用になります。施術当初は歯が白い状態にありますが、その後セラミックが欠ける、破損するなどの不具合も多く見られます。

 

 

この場合の修正作業も保険適用外なので修正作業で通う毎に全額自己負担の費用がかかります。

 

 

さらに、前述しましたが、セラミックを途中で止めても歯の表面は削ってしまっている状態にあるので、その後を隠す方法を模索しなければいけない(ホワイトニングなど)など効率性にも不満の声が多いです。

 

 

セラミックのラミネートベニア方法で施術している人の多くは芸能人や有名スポーツ選手などになっています。高額費用を払い続ける事に抵抗がない経済力を持っているのならこのセラミック方法も選択の1つになりますが一般人では難しいところです。

 

 

 

ホワイトニング施術方法


歯を削る事を一切せずに、専用薬剤(ホワイトニング剤)で白くします。自然な本来の白さを引き出す事ができる方法で現在の主流で人気が高まっています。

 

 

 

ホワイトニングは歯医者さんで実施出来ますが、保険がきかないので初回施術だけでなく、メンテナンスに通う費用も含めると膨大なお金がかかり、一般人には無理というのが昔の話で、現在では薬剤のレベルを下げて通販購入が出来るホワイトニング剤が誕生してきました。(セルフホワイトニング方法

 

 

これが続ける事で白くなる事とオフィスホワイトニングみたいに歯の色が元に戻る事が少ないので現在人気のホワイトニング方法になります。

 

 

 

 

チェック!自宅で出来るホワイトニング方法


以下の商品は通販購入にて自宅で出来るホワイトニング(セルフホワイトニング)商品の人気商品になります。
セルフホワイトニング商品は大きく分けると、
@歯磨きの後に付けるホワイトニング専用タイプの商品と、
A歯磨き剤の代わりに使う歯磨き剤タイプの2つに分ける事が出来ます。
毎回付けるのが面倒という人は歯磨き剤の商品だと、普段の歯磨き粉の代用として使えます。

 

※効果の強さは専用タイプのほうが強いとの口コミは多いです。歯磨き粉タイプは長く使う事で白さを実現出来ます。

 

セルフホワイトニング専用タイプ

パールホワイトプロEX

 

詳細ページ

 

 

 

 

 

歯磨き剤タイプ

歯磨き剤【薬用オーラパール】

 

詳細ページ

 

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

最新!総合的な口腔ケアも出来るセルフホワイトニング商品も誕生!


最新のホワイトニング商品には歯を白くする効果だけでなく、粘着きや口臭を防ぐタイプの総合的なタイプのセルフホワイトニング商品があります。
今までの歯磨き剤をこのような商品に切り替えるだけでも効果があり、さらに、歯磨きをした後に対策するとより高い効果を望めます。

 

 

手軽にホワイトニングを実施したい、ホワイトニング商品でどのくらい歯が白くなるのか試したみたい場合は1カ月程度このようなタイプのホワイトニング商品で試してみるのも方法の1つですね!

 

 

歯磨き剤タイプよりもホワイトニング効果が高く、かつ、ホワイトニング効果以外の口腔ケアとしての効果が望めるので通常の口腔ケアも併用したい人には効率的な方法ですね!

 

 

ホワイトニング効果だけでなく粘着きや口臭も防げる最新ホワイトニング商品
「プレミアムブラントゥース」

 

詳細ページ

 

 

 

 

 

 

 

※もしホワイトニング方法やその他の方法にて歯を白くする事に成功したら、次からは食生活や生活習慣に気を配って下さい。
食べ物が原因と分かれば、着色が強い食べ物を食べた後のうがいを徹底、口の渇きが原因と判断出来れば、口呼吸の癖を止める、歯並びを良くして空気が漏れる度合いを防ぐなど今度は歯が黄色くならない食生活を意識するようにしてくださいね!

 

スポンサードサーチ