加齢が黄色い歯にさせるケースもある!ホワイトニングで対応可能!


黄色い歯になるには原因があります。飲食の食べ物で着色力が強い飲食物、タバコや葉巻のヤニなどがメインですが、その他にも加齢によって歯は確実に黄色い歯になっていきます。この加齢による歯の黄ばみは個人差が大きいです。

 

 

産まれた時と比べれば当然ですが誰でも黄ばみが付くものですが、その黄ばみの強さは30歳で真っ黄色になる人から60歳を過ぎたあたりから少し黄色くなる人まで後者はまだしも前者にあたる人は気になる事ですよね。

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

加齢で歯が黄色くなるメカニズムとは?


加齢によって歯が黄色くなるメカニズムは歯の表面生まれつきにコーティングされているエナメル質が年齢と共に薄くなってくる事にあります。
エナメル質が薄くなると、当然ですが、その奥にある物が見えてきます。その奥にあるものとは、「象牙質」と呼ばれる部位です。エナメル質直下にあります。

 

 

 

この部位自体も当初は白みがありますが、年齢と共に黄色くなります。この黄色くなった象牙質はそのままではエナメル質が守るので透ける事はないのですが、エナメル質が年齢と共に薄くなっていく現象により、直下にあるこの象牙質が見えてくるのです。
この象牙質の色は個人差があります。
象牙質が元々黄色いならば、年齢と共に歯は黄色くなるでしょう。

 

 

 

象牙質が白さを帯びている状態なら年齢が高くなってエナメル質が薄くなってきても黄色い歯には見える事はありません。
多少この象牙質も年齢で黄色くはなりますが、個人差が大きいところです。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

加齢による黄色い歯の対処方法


加齢によってエナメル質が薄くなり黄色い象牙質が見えて歯が黄色く見える加齢色の歯を白くする方法はホワイトニング手法になります。
歯を白くするには様々な手法がありますが、加齢で歯が黄色くなった場合にはホワイトニングが一番効果的です。

 

 

 

ホワイトニングを始める時はなるべくホワイトニング剤が弱いほうから始める、費用がかからない方から始めるのがポイントです。
まずはセルフホワイトニングを実施して、効果が感じられない場合に、ホームホワイトニング、オフィスホワイトニングと移行するのがベストです。

 

 

たいていは一番費用が安く済むセルフホワイトニングで白さを戻す事が出来ますので安心してください!


トップ/歯を白くする方法
自宅で出来るセルフホワイトニング(総合)
専用セルフホワイトニング商品
歯磨き剤タイプのホワイトニング商品
最新!口腔ケアも可能なホワイトニング商品

スポンサードサーチ

加齢が黄色い歯にさせるケースもある!ホワイトニングで対応可能!チェック

黄色い歯にホワイトニングは定番!
黄色い歯を自宅で綺麗な白い歯にする方法
黄色い歯はタバコが原因の可能性