黄色い歯にホワイトニングは定番!様々なホワイトニングがある!


黄色い歯で悩んでいる人は多いです。歯が黄色いと人前で笑顔を出すのは億劫になってしまいますよね(*_*;
私も歯が黄色の時はそのような悩みを抱えて生活していました。人前で自信を持てるように白い歯になっていきましょう!

 

 

 

黄色い歯を白くする方法の定番がホワイトニング

ホワイトニングは特殊な薬剤(ホワイトニング剤)を用いて、歯を削らずに白くする処置のことです。しかし、食べ物や飲み物、タバコ、乾燥、加齢、歯のみがき過ぎなどといったたくさんの要因が重なり、白かった歯はやがて黄ばんでしまいます。効果には個人差があり、もともとの歯の色が濃い方など、効果が出にくいケースもあります。表面の色素だけでなく、内部にある色素も分解し、歯そのものを白くすることができます。

 

 

ホワイトニングで歯を白くする事は可能です。実際に白くなった人は私を含め多数います。ではホワイトニングとはどのような種類があるのかを説明します。

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは、歯医者にてホワイトニングの薬剤を歯に塗りつけて光を当てて反応させホワイトニングする方法で薬剤の強さは一番強い状態になります。

 

このホワイトニングの場合は当日効果が出ますが、欠点として一気に白くなる為に白くなりすぎて自然に見えない、入れ歯のように義歯のような感じになってしまう可能性がある事、又は美容診療なので保険適用が出来ない為に全額自己負担になります。

 

その額は歯の本数など人によって異なりますが多いところは10万円くらいは考えておきましょう。
オフィスホワイトニングの詳細は「オフィスホワイトニングの情報」で紹介しています。

 

 

 

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは歯医者に通ってマウスピースを作ってもらいます。マウスピースを作ってもらったら専用のホワイトニング薬剤を購入して自宅にて毎日2時間〜3時間マウスピースを当てる作業をします。

 

 

自宅で出来るのですがマウスピースを加えている時間が長く、その間は飲食が出来ないのでかなり不都合が出る可能性があります。
また、美容目的の診療なので保険適用外になります。費用は5万円前後を見て置いてください。(費用も歯の状態から個人差があります)
ホームホワイトニングの詳細は「ホームホワイトニングの情報」で紹介しています。

 

 

セルフホワイトニング

最も簡単に出来る方法です。通販でも購入が可能になりました。ホワイトニング薬剤のレベルはオフィスホワイトニングに比べると弱いですが、その分自分のペースで自宅にてゆっくり施術する事が出来ます。

 

 

歯磨き後に付けるだけのタイプの商品や歯磨き剤と混ざっているタイプの商品も発売されています。
セルフホワイトニングの詳細は「セルフホワイトニングの情報」で紹介しています。

 

 

 

 


トップ/歯を白くする方法
自宅で出来るセルフホワイトニング(総合)
専用セルフホワイトニング商品
歯磨き剤タイプのホワイトニング商品
最新!口腔ケアも可能なホワイトニング商品

スポンサードサーチ

黄色い歯にホワイトニングは定番!様々なホワイトニングがある!チェック

黄色い歯を自宅で綺麗な白い歯にする方法
黄色い歯はタバコが原因の可能性
加齢が黄色い歯にさせるケースもある