黄色い歯はタバコが原因の可能性が高い!しかしそれ以外にも原因はある!


黄色い歯になってしまっている人の原因の多くはタバコです。しかし、もちろんすべてではありません。

 

 

タバコで黄色くなってしまっている人の原因はタバコのヤニが最も多いのも事実です。
以下歯を黄色くする原因をレベル別にまとめました。

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

確認!歯を着色する原因物質の一覧


以下が、歯を着色してしまう原因物質です。
レベルが高い順に黄色くなりやすい着色物質です。

 

 

レベル5

タバコ、葉巻、うがい薬のポピドンヨード、うがい薬のクロールヘキシジンなど。

 

 

レベル4

コーヒー、赤ワイン、紅茶、カレー、ソース、うこん、黒酢

 

レベル3

キモチ、たくあん、コーラ、チョコレート類

 

 

 

 

チェック!それぞれの歯を着色する原因物質の対処方法


歯が黄色くなる原因はタバコの他に飲食物にありますが、タバコや葉巻の場合はヤニが主成分となります。
それぞれの対処方法(白くする方法)です。

 

 

 

ヤニ類(タバコ・葉巻)の場合の対処方法


タバコや葉巻が原因のヤニ類の場合は、ホワイトニングが最も効率が良い対処方法です。
ホワイトニングで、色素を取る事で効率よく対処できます。

 

 

ホワイトニングもホワイトニング剤が弱いほうから対処するほうが望ましいです。
ホワイトニング剤が弱い順にセルフホワイトニング⇒ホームホワイトンイング⇒オフィスホワイトニングになります。
まずは、セルフホワイトニングから始めるのが良いでしょう。

 

 

 

 

 

ヤニ以外の飲食による着色の場合の対処方法


ヤニ以外の着色の場合は、その程度にもよりますが、ホワイトニングを実施しなくても歯医者のアミノ酸エアーフロー、PMTC、クリーニングなどでも元の歯の色に戻す事も可能です。

 

 

数回歯医者に通ってクリーニング系の施術をしてみてください。
それでも効果がないようならホワイトニング手法を実施するという順番になります。

 

 

 

 

 

 


トップ/歯を白くする方法
自宅で出来るセルフホワイトニング(総合)
専用セルフホワイトニング商品
歯磨き剤タイプのホワイトニング商品
最新!口腔ケアも可能なホワイトニング商品

スポンサードサーチ