チェック!歯の黄ばみ予防が出来る歯磨きの仕方・方法がある!


歯磨きの仕方でよく間違える事が「食べ物を食べたらすぐに歯を磨く」です。昔は正解でしたが、最近の研究ではこの方法があまり効果的でないとされています。

 

 

食べ物を食べると、口の中は酸性の状態になります。これは主に細菌が糖分と反応して酸が発生する状態です。この状態だと歯の表面は酸性状態となります。

 

 

この酸性状態によってカルシウムやリンなどのミネラルが流れてしまう可能性がありますが、実はそれを中和する作用が最も効果的なのが「唾液」です。唾液を口内に出す事で、早急にそのような酸性状態を中和してくれます。
唾液が多い人は、虫歯になりにくい、歯が黄色くなりにくいのはこの為です。

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

食後30分は歯磨きをしない事がベスト!


食後の酸性の口内を一番効率的に中和してくれるのが唾液です。
食後はすぐに歯磨きをせずに唾液に任せるというのが最新の研究報告です。唾液で中和された口内から残った酸、中和しきれなかった酸を歯磨きにより洗いながしましょう。

 

 

 

もし、飲食後すぐに歯磨きをしてしまうと食べカスが酸になっている状態なのに歯ブラシでかき混ぜる事でその酸が歯茎に入ったり、歯の傷口などに入りやすくなり、虫歯になりやすい、又歯が黄ばみやすい状態になります。

 

 

毎日、毎食後歯磨きを徹底しても歯が黄色い人や虫歯になってしまう人がいるのは飲食後に唾液による中和を待たないという原因が多いのです。

 

 

飲食をしたら30分放置、そしてから歯磨きをするのが虫歯予防、歯の黄ばみ予防に最も適した歯の磨き方、歯磨きの方法です。
それでも、すぐに口内をスッキリしたいという気持ちがあると思います。そのような場合は軽いうがいをするくらいにしましょう。
本格的な歯磨き・ブラッシングは30分経過してから実施するように試みてみましょう。


トップ/歯を白くする方法
自宅で出来るセルフホワイトニング(総合)
専用セルフホワイトニング商品
歯磨き剤タイプのホワイトニング商品
最新!口腔ケアも可能なホワイトニング商品

スポンサードサーチ

チェック!歯の黄ばみ予防が出来る歯磨きの仕方・方法がある!チェック

男女ともに白くする方法は同じ